剣道/検索結果(発行順):91件  
   
居合の本義⋅本質を見つめ、業の妙処を修得する

道理を愉しむ居合道講座 夢想神伝流

全三巻(セット)
●書籍
●B5箱入
●96⋅104⋅152ページ
●6,480円(税込)
●ISBN 978-4-7899-2147-3
●2017.04.24 発行
購入数

この商品の特長

本書は「道理を愉しむ居合道講座 古流編」として、剣道日本2013年5月号から2017年3月号まで47回に渡る連載記事をまとめたものである。各業が、いかなる想定をもって、どのような理のもとに動作がなされているか。居合の本義⋅本質を求めてきた石堂範士が、身につけてきた業と理を惜しみなく披露する。

著者の紹介
石堂 倭文 
居合道範士八段
昭和20年神奈川県川崎市に生まれる。武道家の父⋅石堂定太郎範士のもと、幼少のころより剣道と居合道に親しむ。大学卒業後、会社員を経て、昭和50年から父の神武館石堂道場で副館長を務める。現在は館長。長年、ヨーロッパで居合道と杖道の指導⋅普及に尽力。居合道範士八段、杖道教士八段、剣道教士七段。
主な内容

神奈川県川崎市の神武館石堂道場には、剣道、居合道、杖道の三道を学べる場として多く門人が通う。館長を務める石堂倭文氏は、居合道範士八段、杖道教士八段、剣道教士七段。武道の普及、指導を目的とした海外への渡航歴は数多く、その経験から、広く人々が理解しやすい指導法の数々をまとめあげていった。3年前に上梓した『道理を愉しむ居合道講座 全日本剣道連盟居合編』でも、難解に思われがちな動作の理を分かりやすく解き明かし、悩める居合道人に修業のヒントを提示している。

一巻
初伝 大森流(正座の部)
はじめに
01礼法
02礼法(ポイント)
一本目 初発刀
二本目 左刀
三本目 右刀
四本目 当刀
五本目 陰陽進退
六本目 流刀
七本目 順刀
八本目 逆刀
九本目 勢中刀
十本目 虎乱刀
十一本目 陰陽進退替(逆陰陽進退)
十二本目 抜刀(抜打)


二巻
中伝 長谷川英信流(立膝の部)
はじめに
一本目 横雲
二本目 虎一足
三本目 稲妻 
四本目 浮雲
五本目 山下風
六本目 岩浪
七本目 鱗返
八本目 浪返
九本目 滝落
十本目 抜打
早抜の部


三巻
奥伝 奥居合
はじめに
【居業(座業)】
一本目 霞
二本目 脛囲
三本目 四方切
四本目 戸詰
五本目 戸脇
六本目 棚下
七本目 両詰(向詰)
八本目 虎走
【立業】
一本目 行連
二本目 連達
三本目 惣捲
四本目 総留
五本目 信夫
六本目 行違
七本目 袖摺返
八本目 門入
九本目 壁添
十本目 受流
十一本目 暇乞(一)(二)(三)


■Amazon.co.jpでお求めの方はこちらから

BACK
top