サッカー/検索結果(発行順):9件  
   

黄金世代

99年ワールドユース準優勝と日本サッカーの10年
●書籍
●四六判/並製
●392ページ
●1,728円(税込)
●ISBN 978-4-7899-0073-7
●2009.09.15 発行
購入数

この商品の特長

早くも重版決定!全国から反響続々!

「この本が日本サッカー協会はじめ、
関係者の今後への指針となることを期待する」
鹿児島実業サッカー部総監督/松澤隆司

小野伸二、稲本潤一、高原直泰に代表される1979年生まれの世代が、ワールドユース(99年ナイジェリア大会)で準優勝してから10年。彼らは「黄金世代」と呼ばれ、名実ともに日本サッカー界を牽引してきた。しかし、その後の日本サッカー界をみると、際立って有望なタレント集団が現れず、五輪やユース年代の世界大会では勝ち上がることができないまま現在に至っている。
なぜ日本サッカー界は停滞してしまったのか?その謎を解く鍵は、黄金世代の選手たちの軌跡を辿ることで見えてくる。本書では「黄金世代」の選手20名のインタビューをはじめ、フィリップ⋅トルシエ、山本昌邦など「黄金世代」を率いた指導者諸氏に取材を敢行。彼らの証言をもとに、「黄金世代誕生の背景」「99年ワールドユース準優勝の真実」「黄金世代それぞれの10年」を検証。さらに、彼らの言葉から選手育成のキーワードを分析。「次世代が頭打ちになっている理由」「新たなるプラチナ世代誕生の条件」を紐解き、日本サッカー躍進の可能性を探る。

著者の紹介
元川 悦子 
1967年、長野県生まれ。千葉大学法経学部卒業後、業界紙、夕刊紙記者を経て、94年からフリーランスのサッカージャーナリストとして活躍中。現場での精緻な取材に定評がある。Jリーグからユース年代、日本代表、海外サッカーまで幅広くフォロー。ワールドカップは94年アメリカ大会から2006年ドイツ大会まで4回連続で現地に足を運んでいる。著書に『U-22』(小学館)、『初めてでも楽しめる欧州サッカーの旅』(NHK出版)、『古沼貞雄⋅情熱』 (学習研究社)などがある。
主な内容

【1章】 黄金世代誕生の背景と軌跡
1979年──黄金世代が生まれた時代
遠藤保仁に見る、黄金世代の成長過程
1993年──Jリーグ発足とワールドカップ招致活動
10代で積むべき国際経験
ワールドユースベスト8の壁を突破しろ!
1998年──小野伸二のW杯出場が仲間に与えた刺激
「赤鬼」トルシエ流革命
1999年──ワールドユースで世界を驚かせた日本
地道な「人間教育」がタフな選手を作る
2000年──シドニー五輪を経て海外挑戦へ
海外で成功するための条件
2002年──日韓ワールドカップの成果
誤算が続いたジーコジャパンの4年間
2006年──ドイツワールドカップ惨敗の衝撃
オシム体制以降──遅れてきた黄金世代たち

【2章】 黄金世代証言集
小笠原満男(鹿島アントラーズ)
南 雄太(柏レイソル)
中田浩二(鹿島アントラーズ)
藤田 健(ヴァンフォーレ甲府)
高田保則(ザスパ草津)
播戸竜二(ガンバ大阪)
氏家英行(tonan前橋)
市川大祐(清水エスパルス)
手島和希(京都サンガF.C.)
大島秀夫(アルビレックス新潟)
石川竜也(モンテディオ山形)
酒井友之(藤枝MYFC)
羽生直剛(FC東京)
稲本潤一(スタッド⋅レンヌ)
遠藤保仁(ガンバ大阪)
本山雅志(鹿島アントラーズ)
加地 亮(ガンバ大阪)
永井雄一郎(清水エスパルス)
高原直泰(浦和レッドダイヤモンズ )
小野伸二(VfLボーフム)
エピローグ「黄金世代に課せられたもの」

【3章】 黄金世代を超えるために
黄金世代から10年、選手はどう変わったか?
年代別日本代表と世界大会
黄金世代以降の年代別代表の実績1……アテネ世代
黄金世代以降の年代別代表の実績2……北京世代
黄金世代以降の年代別代表の実績3……ロンドン世代
個性のない選手が増えたのはなぜ?
高校サッカーとJリーグユースの「過去⋅現在」
日本サッカー界を取り巻く環境の変化
2005年宣言の実現可能性は?
日本サッカーを世界レベルに上げるために

提言1 山本昌邦(アテネ五輪代表監督)
提言2 反町康治(北京五輪代表監督)
提言3 上野山信行(Jリーグ技術委員長)
提言4 黒田和生(ヴィッセル神戸ユース監督)
提言5 山口隆文(FC東京U─15むさし監督)
提言6 フィリップ⋅トルシエ(元日本代表監督)

※本書はサッカー専門新聞「エル⋅ゴラッソ」に不定期連載された人気シリーズ「黄金世代は今」に、新たな取材を大幅に加えて書籍化したものです。

■Amazon.co.jpでお求めの方はこちらから
黄金世代?99年ワールドユース準優勝と日本サッカーの10年 (SJ sports)

BACK
top