詳細検索結果(発行順):30件  
  全 30 件中|1~20件表示  1 2  NEXT ≫
1
月刊剣道日本 2017年6月号
[月刊誌]

剣道になくてはならない道具のひとつである竹刀。日々の修行には欠かせないこの道具のことを我々はどれだけ知っているだろうか。奥深い竹刀の世界をここに公開する。
★【付録DVD】 全国高校選抜大会

定価:1,080円(税込)
詳細を見る
2
月刊剣道日本 2017年5月号
[月刊誌]

剣道の基本にして、もっとも人々の心を魅了する面技。技術指導で言えば初歩段階で教わる技でありながらも、いざ勝負となれば迷いや恐れが生じ、極める道のりは険しい。名手たちの取り組み、技術を上達のヒントに──。

定価:860円(税込)
詳細を見る
3
月刊剣道日本 2017年4月号
[月刊誌]

打って守り、守って打つだけの剣道に魅力はない。竹刀さばき、体さばき、足さばき、といった“さばき”を学べば、剣道の幅が広がりより奥深いものになる。時に見落とされがちな“さばき”の研究を深める。

定価:860円(税込)
詳細を見る
4
月刊剣道日本 2017年3月号
[月刊誌]

剣道への取り組み方は人それぞれさまざま。稽古環境も同様で、整った環境もあればそうでない環境も。どのような環境であっても大切なのは『求める心』。これなくして向上は望めない。

定価:860円(税込)
詳細を見る
5
月刊剣道日本 2017年2月号
[月刊誌]

武道としての源流を色濃く後世に伝える形という文化。その歴史を紐解き、取り組むことによって、剣道のさらなるレベルアップをはかる。今だからこそ識りたい形の世界と鍛錬法。

定価:860円(税込)
詳細を見る
6
月刊剣道日本 2017年1月号
[月刊誌]

今年もこの季節がやってきた。剣道日本一を決定する今回の全日本選手権は本命不在の大混戦。決勝で顔を合わせたのは、かつて優勝を逃した二人の実力者だった。
★【付録DVD】 全日本選手権&中村学園女子高校の稽古

定価:1,080円(税込)
詳細を見る
7
月刊剣道日本 2016年12月号
[月刊誌]

未知の可能性を秘めた子どもたちの存在こそこの世の希望。我らが剣道界においても、少年少女剣士こそが明るい未来の担い手となる。今後の剣道界を少年剣道の現状から見つめてみる。
★【付録DVD】全国中学校大会&純国産剣道具へのこだわり

定価:1,080円(税込)
詳細を見る
8
月刊剣道日本 2016年11月号
[月刊誌]

剣道ならではの独特の表現でもある“溜め”。剣道が武道であるからこそ重視されるこの“溜め”にはかたちがない。かたちのない“溜め”をいかに理解するべきか。名手たちの言葉から探る。
★【付録DVD】 インターハイ2016

定価:1,080円(税込)
詳細を見る
9
月刊剣道日本 2016年10月号
[月刊誌]

一般から高校生まで、近年、剣道界では上段剣士たちの活躍が目覚ましい。上段の選手のためにはレベルアップのヒントを、中段の選手のためには対上段の心得を。上段&対上段、それぞれのスペシャリストの取り組み、技術をここに紹介する。
★【付録DVD】 玉竜旗高校大会&太田博方範士の手引き

定価:1,080円(税込)
詳細を見る
10
月刊剣道日本 2016年9月号
[月刊誌]

剣道の修行においては、試合での勝利とともに昇段審査という大きな目標がある。勝負にこだわった修行段階を経た多くの剣士たちが高段位審査に臨むも、昇段審査の壁は想像以上に高く厚い。その壁を乗り越えた合格者たちの取り組みを追った。

定価:860円(税込)
詳細を見る
11
月刊剣道日本 2016年8月号
[月刊誌]

勝負が接戦ともなれば有効打突を奪うチャンスは自然と少なくなっていくもの。そんなわずかな好機を確実な技でとらえる実力者たちは、果たしてどのような取り組みによってそれを身につけ、どのような技術を遣いこなすのか。

定価:860円(税込)
詳細を見る
12
月刊剣道日本 2016年7月号
[月刊誌]

剣道界に実力者は数多く存在するが、“この選手はこの技”とまで評される剣士はそう多くはない。相手の警戒を物ともせず、必ずや有効打突となる技こそ得意技と呼ぶにふさわしい。得意技を得るためにはどのような取り組みが必要なのか。名手のワザからレベルアップのヒントを探る。

定価:860円(税込)
詳細を見る
13
月刊剣道日本 2016年6月号
[月刊誌]

その修行段階を問わず、剣道において重視されるのは効果的な攻めと勢いある技。その重要性を誰しもが理解をしながらも、さていざ実践となると……。審査、試合の場で必ず立ちはだかるであろう大きな壁。その壁を文字どおり“打ち破る”ためのヒントを学ぶ。
★【付録DVD】 全国高校剣道選抜大会

定価:1,080円(税込)
詳細を見る
14
月刊剣道日本 2016年5月号
[月刊誌]

自ら攻めて打つばかりが剣道の技ではない。相手を巧みに引き出し、わずかなスキを打ち取る技術も剣道の奥深さを感じさせる高い技術のひとつだ。向き合う相手の心に迷いを抱かせ、技を打たざるを得ない状況に追い込むためには。

定価:860円(税込)
詳細を見る
15
月刊剣道日本 2016年4月号
[月刊誌]

試合で勝利を得ることは難しい。それが安定した結果となればなおさらのこと。剣道界の各ジャンルに存在する“常勝”を実現する人々。つねに勝ちを収めるために必要なものとは。その取り組みを探る。

定価:860円(税込)
詳細を見る
16
月刊剣道日本 2016年3月号
[月刊誌]

昨年11月、二刀を愛好する剣士たちが一堂に集う画期的な研修会が実施され、戸田忠男範士の指導や模擬試合等が行なわれた。その模様を、充実したWEB映像も交えてレポート。二刀の歴史や現状、攻略法等も合わせて取材した。
★【WEB特別映像】 二刀サミット研修会

定価:860円(税込)
詳細を見る
17
月刊剣道日本 2016年2月号
[月刊誌]

「剣道愛好家は刀にも詳しい」と、一般の人々から思われているかもしれないが、刀を握ったこともほとんどない、という高段者も決して少なくないだろうし、刀に触れる機会に恵まれないこともあろう。そうした人に送る「日本刀入門講座」。小学校での授業も取材した。
★【WEB特別映像】 九州学院の稽古2006

定価:860円(税込)
詳細を見る
18
月刊剣道日本 2016年1月号
[月刊誌]

決勝戦は、5月の世界選手権で日本代表として戦った選手の対決となり、西村英久(熊本)がメンを立て続けに決めて初優勝を果たす。最年少優勝記録更新を目指した梅ヶ谷翔(福岡)も奮闘した本大会を、今年の世界大会で日本チームの強化に携わった寺本将司氏が徹底解説。
★【付録DVD】全日本選手権/密着・梅ヶ谷翔

定価:1,080円(税込)
詳細を見る
19
月刊剣道日本 2015年12月号
[月刊誌]

有効打突を打つためには足さばきが重要である、ということは広く言われているところである。では実際に、好成績を収めている道場ではどのような稽古をしているのであろうか
★【付録DVD】全国中学校大会

定価:1,080円(税込)
詳細を見る
20
月刊剣道日本 2015年11月号
[月刊誌]

“当てた”だけではなかなか一本とは認められない小手技を確実に有効打にするにはどうすべきなのか。日本代表剣士や学生チャンピオンなど、4人の名手からその極意を聞いた。
★【付録DVD】映像で観るインターハイ2015
★【WEB付録映像】 全日本選手権 東京予選・神奈川予選
            寛仁親王杯八段戦

定価:1,080円(税込)
詳細を見る
top