ランニング・陸上/検索結果(発行順):2件  
   
スプリント革命!

高野進流 日本人のためのニ軸走法

●その他雑誌
●B5
●130P+40分
●1,944円(税込)
●ISBN 978-4-7899-6157-8
●2007.05.31 発行
現在、この商品はご購入することができません
この商品の特長

ナンバの一歩上を行く“日本の走り”を追求した高野理論の集大成。二人三脚で世界を目指してきた高野進と末續慎吾選手がめざす走りとはどんなものなのか?
イラストで分かりやすく解説した[理論編]と、オールカラー連続写真で構成した[実技編]、本文に連動した[DVD]で、高野流の走りのすべてを詳しく解説。

著者の紹介
高野進 
1961年5月21日生まれ
静岡県富士宮市出身
東海大学体育学部准教授
東海大学陸上競技部短距離コーチ
アスレティクス・ジャパン株式会社代表取締役
財団法人日本陸上競技連盟 理事・強化委員長
日本スプリント学会会長
400M日本記録保持者 44秒78
モットー:Positive-Nonresistance(肯定的な無抵抗)

陸上400M走でロサンゼルス、ソウル、バルセロナと三回のオリンピックに出場。1992年バルセロナオリンピックでは、60年ぶりに陸上短距離で決勝進出という偉業を成し遂げた。
現在は大学教員と陸上コーチとして活躍中。大学では、スポーツ心理学、スポーツ科学論等の授業を通じて、学生に走ることの奥深さ、素晴らしさを教えている。一方で、今までの経験と研究を生かし、独自の走理論とトレーニング方法を確立、愛弟子の末續選手らと世界最速を目指している。
主な内容



[特別インタビュー]
末續慎吾
スプリンターとしての総合力は負けていない。
日本人の持ち味を生かした技術は確立できた。

[ショートインタビュー]
高野進流ニ軸走法で変わった「走り」の感覚
麻場一徳[都留文科大学教授]
塚原直貴[東海大学陸上部]
鳴海靖郎[TSAA所属]
松井友美[TSAA所属]

Part.1 ニ軸走法とは?
西洋人の「走り」と日本人の「走り」
ニ軸走法の身体感覚
最終目標はスプリント技能のアップ

Part.2 スプリントの基本編
STEP.1 基本姿勢をつくり重心を移動させる
STEP.2 踏み込み操作/挟み込み操作
STEP.3 四肢を同調させる

Part.3 スプリントの専門編
専門技術練習 スプリント技能を高める
応用技術練習 走方向を自由自在に切りかえる

Part.4 シャープな走りをつくるウォーミングアップ
1.関節・腱の可動域を広げる動的ストレッチ
2.筋への神経伝達回路を活性化させる

富士山マガジンサービスでも販売中

■Amazon.co.jpでお求めの方はこちらから
高野進流 日本人のための二軸走法―スプリント革命!

BACK
top