SJオンラインブックストアSJセレクトショップ >BOSUボス & HOSLAホスラ


自宅にいながら最新フィットネス!
本誌オフトレ特集からピックアップしたふたつの注目アイテムが登場!!


ご注文
   
USスキーチーム・オフィシャルサプライヤー。
体幹とバランス感覚がこれひとつで強化!
BOSU プロバランストレーナー
価格:24,000円(税抜き)
サイズ:直径750mm×高さ350mm
重量:7kg
カラー:ブルー
※土台部分がグレーに変更となっております

半球状のバブルサイドとボードサイドの両方でトレーニングが可能というスグレもの。バブルサイドでは座りながら脚の曲げ伸ばしを行なったり、片脚でバランスを取るなど、おもに体幹部を鍛えることができる。

裏返してボードサイドにすれば、写真のように両脚交互に体重を移動させながら姿勢を保つというスキーに近い運動も行なえる。

USスキーチーム・オフィシャルサプライヤーになっているだけあり、関節周囲の筋力、柔軟性、反応性を高める総合的なトレーニングができる信頼のアイテムです。

【バブルサイド】
体幹の安定だけでなく、関節周囲の筋力、柔軟性も高めることができる
  【ボードサイド】
動きのなかでバランスを取る「ダイナミック・バランス能力」を効果的に高められる

Exercise.1
バブルサイドの上に座り、両手をクロスさせて肩の上に置き、脚を伸ばす。上体の姿勢をそのままキープしながら脚の曲げ伸ばしを行なう。股関節の屈曲動作によって、腹筋や背筋などの体幹部を安定させるトレーニングだ。
Exercise.2
バブルサイドに片膝をつき、両手を広げて、片膝立ちでバランスを取る。バランスを取りながら姿勢を保つことで、バランス感覚を養う以外に体幹部の強化にもつながる。単に床で行なうよりも難易度がアップする。
Exercise.3
写真のように、バブルサイドに左手と右膝をついて、右腕と左脚をそれぞれ前後に伸ばしていく。背筋を伸ばして姿勢をキープさせることで、やはり体幹部やバランス能力の向上につながる。ある程度の時間で区切って左右を交替して行なってみる。
Exercise.4
ボードサイドの上に乗り、両手を肩の上に置いて、直滑降のスタンスで立つ。安定したら、左右交互に体重を移動させ、そのなかで上体の姿勢をキープ。さらに慣れてきたら体重をテンポよく交互に移動させてみよう。バランス能力や体幹部のほか、脚部の強化もうながす。
編集部Dの感想
ぜんぜんラクじゃないんです、このアイテム。体験した編集部員全員、プルプルしちゃってましたし。でも、バランスを取りながら体幹部を鍛えるってスキーには絶対必要だよね。とくに、バブルサイドは乗り心地が良いので思わずもっと鍛えたくなりますよ
編集部Iの感想
バブルサイドの上に四つんばいで乗り、対角線上の片手と片脚を伸ばして、まっすぐな姿勢をキープ。そんな平らなところでもむずかしい運動を不安定なバランスでやるもんだから、太ももや体幹部にばっちり効きます。ほかにもいろいろなバリエーションあり!
     


 
 


ご注文
   
座っているだけで骨盤体操ができちゃう!
腰痛予防にもオススメの椅子
バランスチェアー・ホスラ
価格:38,000円(税抜き)
高さ:430〜490mm 
座面:奥行き380×幅480mm
脚部直径:600mm
座面最大傾斜:15度 
重量:7.5kg

座面の部分が前後左右にゆらゆらと動くことで、骨盤の動きや背骨の動きを引き出してくれるトレーニングチェア。片脚を上げたりしながらバランスを取るようにしてエクササイズを行ない、トレーニングとしてはもちろん、腰痛を予防したり、姿勢を修正したりするのにも役立つ。日常の生活のなかに運動を取り入れられるのがうれしい。

人間工学的な設計で、骨盤周辺の筋肉強化やストレッチに優れた効果を発揮。体幹のひねりが大切なスポーツのトレーニングや姿勢改善、腰痛予防に最適。実際にオフィスなど日常生活のなかで活用しているところもある

Exercise.1
イスの上に座り、両手をクロスさせて肩の上に置き、安定する姿勢を作る。このとき、座骨という腰の下にあるお尻の真ん中の骨で座るようなイメージが大切。そのまま上体の姿勢を保ちながら、お尻の左右に体重を移動させることで、骨盤やそのまわり筋肉の運動を行なうことができる。
Exercise.3
Exercise.1で作った姿勢をキープしながら、今度は前後に体重を移動させてみよう。つねに最初に作った姿勢を意識して、なるべく腰が丸くならないようにしたい。お腹の内側の筋肉を締めるイメージで行おう。

さらに詳しいエクササイズ方法を知りたい方は!
http://www.fitnessapollo.jp
Exercise.2
Exercise.1の運動を片脚を上げながら行なう。やり方や効果は同じだが、難易道が上がる。腹筋を意識して、腰が丸くならないように注意しよう。ある程度の回数や時間で区切って左右を交替して行なってみる。
 
     
編集部Dの感想
何も知らずに座ったらグラ〜ンとバランスを崩して落ちるかと思った(汗)。座るだけで強制的にバランスを取らざるを得ないので、なまけものにはオススメなアイテム。腹筋に楽に力が入れられ、かなり効きます。骨盤の傾きでバランスを取ったり、ストレッチも気持ち良くできます
編集部Iの感想
左右の股関節を交互に上げたり、下げたり。お次は骨盤を前傾させたり、後傾させたり……。なんでもポイントは、肩の水平をキープすることとか。実に気持ち良〜く股関節まわりを動かせるというのがうれしい、そして癒し度の高いトレーニングアイテムです



 
 

  

(有)フィットネスアポロ社 

TEL:03-5795-0269 
http://www.fitnessapollo.jp




  

スキージャーナル株式会社 販売部

〒114-0023 東京都北区滝野川7-47-3 MKビル 2F  TEL:03-5980-6060 FAX:03-5980-6067
sjsales@skijournal.co.jp

営業時間 平日9:30〜17:30/土曜・日曜・祝・祭日は休み