体の臭い…その中でも重要なのが汗の臭いです

匂いのエチケットは歳を重ねていくたび、気になり気をつけるようになりました。

汗に特に注意

季節によって気になる場所も違います。夏のような汗をかくシーズンは、やはり脇汗です。

見た目で気をつけていることは、洋服。速乾性のある素材のものや、匂い抗菌を防いでくれる洋服を選ぶようにしています。

そして、グレーや、水色のような汗をかいてすぐわかるような色の洋服は選ばないように気をつけています。

夏のシーズンはこまめに汗をふくシートを持ち歩いてこまめにふくよう心がけています。汗の匂いも気になります。嫌な汗の匂いがありましたら、運動をはじめたことで、汗の匂いが変わったように感じましたので、今も運動で汗をかくように心がけています。

べとべとした汗からサラッとした汗にかわり、汗の匂いも鼻をつくような匂いから、無臭に近い匂いに変わりました。

日常生活では、こまめにシャワーを浴びるように気をつけています。頭の中にも汗はかき匂いが気になることがあるので、夏のシーズンは髪の毛をおろさず、涼しく過ごせるヘアセットを心がけています。髪につける、良い香りのオイルなども使用しています。

その他、冬のシーズンには、ブーツを履いたり、脚のむれが気になり、靴を脱ぐシーンでは、匂いが気になります。そんなときは、冬のシーズン、タイツを履くシーンが多くなるので、抗菌や匂い防止の商品を選ぶようにしていいます。

仕事でデスクワークのときは、こっそり靴を脱いで風通しをよくするようにしています。夏のシーズンと違い、蒸れることが多くなる冬は、こまめに脚を拭くシートで、吹いたり少し面倒でも匂いエチケットのために、時間をかけています。

日頃は、いつも香水を使うようにしています。強すぎる香りは、汗と混じり異臭を放つケースもあるので、時間が経過しても香りがたつ香水の種類を選ぶようにしています。

また、エチケットスプレーとして、ハーバルラクーンというミストを使っています。

匂いは体質や病気が潜んでいることも、あるかと思いますが、長年匂いエチケットとして続けられていることは、清潔にしておくことが大切だなと感じています。そのひとつとして、お風呂は入浴剤を入れてみたり、夏のシーズンは朝、晩回数を増やして、清潔にしておく。

こまめに入れる環境なら汗をかいたらそのままにしておかず、汗拭きシートで匂いを阻止したり、シャワーに入ったりして、汗を放置しないことも大切だと思います。口臭は定期的なクリーニングを、歯医者でしてもらうことで予防できるようになりました。

コメントは受け付けていません。